適宜記

アクセスカウンタ

zoom RSS 私が韓国サッカーをうらやむのは。

<<   作成日時 : 2005/06/25 13:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 コンフェデを見ていて思いました。
日本だって面白いサッカーが出来ない訳じゃあ無いわけで。

 では何故?日本のサッカーはつまらなかったのか(W杯予選とかね)。
韓国はポンポン点を取っていて面白そうなのか。
 
 それは意識の問題なんじゃないかと。選手の。
韓国の選手は勝ちにいっていた。
日本の選手は勝ち点を取りに行っていた。
 それはつまり、そのー、引き分けも可、っていう事ではなくて、ホームなら勝ち点3を、アウェイなら勝ち点1以上を、っていう意識が日本にはあって。
そのために試合をするならば、最短は1−0でしょう、みたいなね。
 韓国の場合っていうのは、本当のところがどうかは知りませんよ?
でも多分、勝てばいいじゃん、みたいなね。意識なんだと思うんですよ。
もっと点とってがっちり勝ったろ、っていう。
勝てばワールドカップ行けるんだから、って。
 日本は、勝ち点いくつがラインだから、ここでは最低でもこの結果が欲しい、みたいな計算があって、それが慎重な意識を植え付けているのではないか、と。
それが間違っているとかではなくて(実際計画どおりに帳尻合わせたわけですしね)、いろいろ批判される一因になっているのかなぁ、と。今回思ったんです。
日本だってアグレッシブにいけば、面白くって結果も伴う試合が出来ることを今回見せたじゃないですか。
なんかもったいないですよね〜。

 で、です。
で、それは何故なのかと。
国民性、なんですかねぇ。
リスクのことを先に考えちゃうのかなぁ・・・。
 わかりませんけれど(苦笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私が韓国サッカーをうらやむのは。 適宜記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる